乳児院って

父・母・家族が病気の時、父子家庭、母子家庭、出産、その他様々な理由による就労のため、家庭で子ども(新生児〜幼児期まで)を養育出来ない時、短期(一か月未満)、または長期(一か月以上)で、昼夜(24時間)利用できる児童福祉法に基づく入所施設です。
大阪府下にはすみれ乳児院を含め8つの乳児院があります。
またくるみ乳児院では、お子さんをお預かりする以外にも、育児相談や病児・病後児保育事業(すみれこどもケアルーム)、母と子の教室など、乳幼児期のお子さんを持つ方々へのさまざまな子育て支援もおこなっています。



乳児院の運営

児童福祉法により、国及び自治体による措置費と補助金で運営されています。
また、社会福祉に好意を寄せて下さる方々からの寄付金・寄付物品の協力、及び、保育・縫い物・行事の手伝い・修理・修繕などのさまざまなボランティアの方に支えられています。



くるみ乳児院の特徴

子育て支援を積極的に行っています。
地域のニーズを受け止めながら子育てを支援する事業(地域福祉事業)を積極的に取り組んでいます。
 ・相談事業
 ・大阪市病児・病後児保育事業
 ・母と子の教室



全室小規模グループケアで各ユニットは6名

新生児から6ヶ月頃までの赤ちゃんユニットと6カ月から2歳前後の異年齢の子どもたちが一緒に生活するたて割りユニット(2つ)で生活しています。
担当保育者やお友だち、居室への愛着を保障していきたい、兄弟が同じホームになって関係を築いて欲しい、保護者と担当保育者の継続的な関わりにより信頼関係を深めたい、そんな想いを込めて取り組んでいます。





当院では、“子どもの権利条約”に基づき、すべての「子どもの最善の利益」が尊重されることを基本にしています。
子どもたち一人ひとりの違いを認め、子どもの気持ちに寄り添う養育を行っています。




ダウンロード(PDF:準備中)